オペレーター

不動産投資を行なう前は地域情報から調べておこう

不動産で財産作りを

男女

関西では資産価値の高さに人気の京都では、不動産投資も需要を集めています。地価の上昇を受けて、マンション経営を検討する人も増えています。その人気の理由は、これからの資産価値の上昇です。元々京都は不動産の需要が多い場所ですが、相場全体の価格が高く推移していることから、今後の資産価値に注目が集まっています。また、再開発などが入りにくいことから、新たに物件の建設が増えにくいことも、人気の理由です。需要に対して供給が少ないことから、値上がり期待が大きいのです。そして賃貸需要の多さが、空き部屋リスクを少なくしています。不動産投資では家賃利回りが重要ですが、空き部屋になりにくいことで利回りも期待できるわけです。

不動産投資で大切なことは、いかに家賃の利回りを高めるかです。京都は物件価格の相場が高いので、家賃もそれなりの金額設定が必要になります。また新築物件が出にくい京都では、中古物件の中からいかに条件の良いものを探すかがポイントになります。その築年数や賃貸相場などを加味して検討することになります。また不動産投資で大切なことは、資金計画をどのように立てるかです。単にローン返済を家賃収入で補えれば良いわけではなく、メンテナンス費用も考慮する必要があります。中古となればそれなりにリフォームにも予算をかけることになります。その分を家賃から確保しておくことが大切です。また将来転売することも考えるならば、流動性の高い場所を選ぶことが大事です。